おわりはじまりの記録

突然(正確には楽しみを尽く奪われ諦めファンは追い詰められていっていたから突然ではないけれど)ジャニーズ事務所を辞めた萩谷慧悟くんが俳優になって表舞台に戻ってきたと知ったのは、異例のお知らせのあったわずか約40日後だった。その日はたまたま外部セミナーに参加していて、休憩時間で、眠気覚ましにTwitterを開いたら萩谷くんの名前がタイムラインにあった。一気に目が覚めたし、全身の血の巡りが一瞬で良くなった気がした。セミナーどころではなかった。11/30のあの騒動の前はいつフルネームがタイムラインを埋めつくしたっけと考え、恐らくZepp単独のときのテレガイさんのツイートなんじゃないかと思い、また驚いた。冗談抜きにしてわたしは彼がわたしたちの目の前に姿を現すのはスティールパンの演奏会だと思っていたし、Love-tuneになってからはグループの中で唯一個人仕事をいただけなくて(なんで?)悔しかったのに、こんな復活劇を見せてくれるとは思わなかった。まったくもって失礼なファンである。萩谷くんが幸せに生きてゆけるのなら、ただのファンとして、芸能の世界にこだわりたくなかった。夢を見せてくれた彼らにエゴで「夢」とか「スーパーマン」という言葉に縛り付けたくなかった。ずっと、いまでも、Love-tuneのライブをまた開いて欲しいと思ってしまうけど、それとこれとは別で、ひたすら萩谷くんたちがもう悲しい思いをしないように優しい世界が彼らを包んでくれることを願っていた。

なのに、萩谷くんは俳優を選んだ。わたしはオーシャンズ11を観ていないし、諸々のドラマもほとんど観ていないし、ジャニアイのちょっとした萩谷くんでしか彼の演技を知る術がなかったから、なんで俳優になろうと決めたのか分からなかった。それでもわたしが否定するなんてことはできないし、応援スタイルがすっかり舞台班になっていることもあって、3月がひたすら楽しみだった。チケットが当たったのは奇跡だと思った(その後でお譲り祭りを目にしてしまうことになるがまあ一発勝負で臨んで当たったのだからやはり幸運に変わりはない)。

 

ビジュアルが公開された。相変わらずかっこいいなと思った。友人にストーリーを解説してもらった。よく分からない世界観だけど、おもしろそうだと思った。配役が知らされた。二番手ってすごいな。3月になって、いろんなメディアで記事がアップされた。幕が、上がった。

 

マイナビニュース

萩谷慧悟、憧れの仮面ライダー「まさか自分が…」 新たな試みに喜び (1) 平成ライダー初演劇作品『仮面ライダー斬月』で、久保田悠来と共演 | マイナビニュース

――演じている時には、役に入り込むタイプなんですか? それとも、演じる自分を客観的に見るタイプですか?

自分の生き方が、常に俯瞰なんです。だから、入り込めるように努力しています。俯瞰することはいくらでもできるんですよ! 放っておいたら、一生、俯瞰してます(笑)。今は、稽古のたびに「ちゃんと、貴虎に気持ちを向けられていたのかな?」と毎回自問自答しているんです。自分の頑張りどころです。

すごく萩谷くんぽいなと思ったし、わたしの想像以上に真面目な受け答えだった。そうだ、彼は根っからの真面目だった。

――萩谷さん自身は大学生4年生で、この春卒業とのことですが、今後挑戦したいことは?

自分の可能性を狭めたくないな、とは思っています。少しでも可能性のあることや、やったことのないことは、いくらでもやってみたいです。今回も、仮面ライダーの新しい試みに立ち会えて、嬉しいです。そういう、新しいことが好きなんです。挑戦を諦める人間には、なりたくないと思っていて。

萩谷くんがチャレンジ精神が生きていて嬉しい。そうだ、わたしは多趣味でがんばりやさんなところが好きだった。

 

ローチケ演劇部

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- 萩谷慧悟 インタビュー | ローチケ演劇宣言!

お母さんと読み合わせ練習をしている話が可愛らしかった。

――(笑)。今の時点でアイムに萩谷さんが共感する部分はありますか?

萩谷「僕も馬鹿正直に正面からぶつかっちゃうタイプで。そのせいで誤解されることも多かったんですけど、最近“一回のみこむ”というのを覚えたので(笑)。アイムもそんな感じかなと思っています」

正面からぶつかり合って意図を言うよう求め合う仲間たちを思い出した。萩谷くんはそういうところで生きてきたんだったな。少し不貞腐れながらも一回のみこむ様子を想像した。

知らない間に、楽しいから舞台に立つんだと言うようになっていた。わたしはまだアイドルの彼しか知らないから、思い出のその像に重ねて愛おしく思った。

――そういうプレッシャーに燃えるタイプですか?

萩谷「はい。挑戦は好きなので。大変ですけどね。『仮面ライダー』の演劇作品化っていったいどうなるの?と思われている方はたくさんいらっしゃると思うんです。でも僕は“常識を覆す”ということが好きですし、いろんなものを『できるんだよ!』って示していきたい。この作品に関わることができたからには、舞台でも『仮面ライダー』シリーズがこれから続いていくように、全力でやっていきたいです」

ZAKZAK公式演劇部

第1弾久保田悠来&萩谷慧悟を直撃! 「まずは『まさか』と思いましたね…」 舞台「『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝ー」 (1/2ページ) - zakzak

第2弾久保田悠来&萩谷慧悟、稽古を通じてお互いが見た相手 「それ一番モテるやつですよね?」「うん、モテるやつだから(笑)」 舞台「仮面ライダー斬月-鎧武外伝-」 (1/2ページ) - zakzak

第3弾舞台「仮面ライダー斬月」対談~その3~ 萩谷慧悟「『鎧武』は社会の縮図」、久保田悠来「世界観をしっかり捉えていただきましてありがとう!」 (1/3ページ) - zakzak

第4弾「仮面ライダー斬月」対談~最終回~ 舞台を通じて変わった意識 萩谷慧悟「頭で考えること、学ぶことがすごく多い」、久保田悠来「考えるのはいいこと」 (1/2ページ) - zakzak

萩谷「正直こんなにガッツリお芝居させてもらうのは初めてっていうのもあって…お芝居についても、個人の、1人の人間としても、最近は考えまくりです」

久保田「考えるのはいいことだ。またこれからいっぱいいろいろあるからね。やっぱりお芝居は楽しい?」

萩谷「はい。今は『仮面ライダー鎧武/ガイム』の世界に携われてワクワクしているので、これが代表作だと言えるように頑張りたいです。お芝居も、それ以外でも、自分の可能性、幅が広がるなら広がるだけ広げたいじゃないですか。今回の舞台が自分の自信につながれば、今後の活動の幅もさらに広げられるかなって思っています」

ここ、読んでいてどきどきした。いつも萩谷くんは俯瞰で見ていて(しかしこの俯瞰という言葉、萩安揃って好きだよねえ)熱いのにクールで、悪くいえばどこまで貪欲か分からないこともわたしとしてはあったと思っていたからこそちょっとソワソワした(もちろん数々の雑誌インタビューで真剣さに欠けていたわけではなく。あくまで彼はアイドルの、バンドの、萩谷くんだったと思っている)。

 

エンタステージ

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-開幕!久保田悠来の「貴虎をご堪能ください」 | エンタステージ

囲み会見動画

【動画】舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-囲み会見 | エンタステージ

慧悟は、キラッキラしていていいですね。TVシリーズと舞台版をつなぐ重要なキャラクターなのですが、本読みの段階から『この子でよかった』『この子でいける』という確信が持てました。

演出・脚本ご担当の毛利さんからの評価。わたしまで嬉しくなるのはわたしが萩谷くんを好きだからであってほしい……。

 

マイナビニュース

久保田悠来、萩谷慧悟に「彼で良かった」 平成最後の祭『仮面ライダー斬月』 | マイナビニュース

 

Deview/デビュー

クッキーを許可してください

これにはストーリー概要が書かれていて助かる。萩谷くんは主人公を助けるところからスタートするらしい。

 

読売新聞popstyle&エンタメ

popstyleブログ : エンタメ : 読売新聞オンライン

 

 

ここまでを3/14の午後に一気に書き上げました。公式アカウントをフォローしているので、いろんな記事になっているのは分かっていました。サイン入りポラを見たとき、直感で「無理だな」と思ってしまって(萩谷くんのお顔は変わらず可愛らしいのだけど)(それにサインエピもTwitterで見つけてにこにこした)情報を追うのをやめました。

ちゃんと予習しようと思ったけど、予習してから行って欲しいというツイートも予習して行くべきだったというツイートも見たから、だけどAmazon primeで見ることが出来ませんでした。

でもせめて、と思って昨晩囲み会見動画をようやく見て、萩谷くんが動いていて話していて知らない人たちに囲まれていて、苦しいとか寂しいとかそういうのでもないのだけどうまく自分の感情が整理できなくて、「怖い」って思いました。怖い。今も怖い。それにストーリーも怖そうだし(舞台版GANTZがトラウマで記憶が朧気)。

「アイドルの萩ちゃんしか好きじゃないって気づきそうで嫌だ」と友人(萩谷くんを一緒に応援していました)が悲しげに零していて、最初はなんでだろうと思っていたけど少し分かる気がします。わたし(たち)は、今を過去としか比較できないのだから、過去抱いた「好きの気持ち」が今の自分の中でフィットしないと、堪らなく不安になるし目を背けたくなる。

ずっとひたむきに萩谷くんを好きでいて、次々と出てくる新しい世界の新しい文化の新しい情報と新しい姿を、真っ直ぐな心と瞳で愛せる人たちが羨ましくて仕方ないです。わたしは怖い。好きの後退がイコール嫌いにはならないということに気づけるくらいには大人になってしまった……。

でも、これからのことは、自分で判断したいと思います。観て何を思ったってわたしくらいはわたしの感情を大事にしてあげたいので、覚悟して、観劇してきます。心のお守りに、今日はアイドル雑誌の懸賞でもらった「萩谷くんのハンカチ」を持ち、Zeppに着て行った緑の上着を羽織っています。楽しめますように。

 

 

ここからは観劇後に書いたものです。まずは観劇した翌日3/15に読んだ記事。

モデルプレス萩谷慧悟、心機一転で決意を語る 仮面ライダー・久保田悠来も絶賛「彼でよかった」 - モデルプレス萩谷慧悟、ダンス・アクションで魅せる 平成仮面ライダー初の舞台化、変身シーンも圧巻 - モデルプレス

ネタバレ含みます。

 

シアターテイメントNEWS舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- 記憶をなくした呉島貴虎、仲間がいるから、信じられるから戦える! | シアターテイメントNEWS

 

ドワンゴジェイピーnews「仮面ライダー斬月」萩谷慧悟、心機一転舞台出演で「偉大な存在になれれば」 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく!

萩谷くんのお写真がたくさん。元Love-tuneと書いてあってびっくりしました。

 

ステージナタリー「仮面ライダー斬月」萩谷慧悟、心機一転舞台出演で「偉大な存在になれれば」 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく!

 

それからYouTubeゲネプロ動画があります!萩谷くんの演技が見れますので、舞台に観に行けない方は特にどうぞです。

 

まだ公演が続いているのでネタバレはしないでおきますが、驚くくらいに、笑ってしまうくらいに、そして泣けるくらいに、萩谷くんがちゃんとそれはものすごくちゃんとお芝居をしていて、こんな言い方をするのは失礼だと分かっているけど役者さんでした。あんなに太く強い声が出せるんだ。フラフラッとしないで真っ直ぐ立って。機敏な動きと眉のひそめ方は変わらないな。なんて、偉そうに思い巡らせました。台詞が箇所箇所Love-tuneのことを思い起こさせるようなものがあって、芝居を観ながら現実とリンクさせるだなんて、わたしは無礼な客だなとやや反省しながら、それでも上手くできてるなと脚本と演出に感心しました。悲しくて嬉しくて、よくわからない感情はよくわからない感情のままグレードアップしました。

でも、もう怖くはなくなりました。鎧武のみならず仮面ライダー全体への知識がなく(戦隊ものへの苦手意識はありました)、意欲的に学んで観劇態勢を整えることもせずに行ったのに、ストーリーを理解出来たこと楽しめたことへの喜びと、期待以上の萩谷くんの活躍と頼もしさが消し去ってくれたような気がします。よかった。お手紙に「また会えて嬉しい」とか「頑張ってね」とかも書けず、とはいえ不安ですなんてことも書けず、それでも、短いけれど後悔する前に(だって初舞台は一度きりなのだから)お手紙を書いて投函してくることが叶ってよかった。

 

これからのこと、つまりこれから萩谷くんがどうなるのか露出は増えるのかとか、これからもわたしは萩谷くんを追いかけるのかとか、そういうことはまるで分かりません。でもこれで「萩谷担」はほんとにほんとにおしまいです。担降りではなく雲隠れのようなものです。「担う」ことも「担ぐ」こともしなくなる世界です。直接、はぎちゃんと呼んでいいかも分かりません。Twitterなら呟けるけれど。俳優の萩谷くんが推しですと言うにはまだ俳優の萩谷くんのことを知りません。萩谷くんの次のお仕事も分かりません。Love-tuneの夢は潰えたのかも分かりません。分かるのは、萩谷くんがいま一生懸命お芝居に向き合っていること。わたしはそれを観に行けてよかったと思えたことへの安堵感でブログを書けるまでになっていること。

 

どうか新たな世界が、萩谷くんにとって、萩谷くんに関わってきた萩谷くんの味方にとって、暖かくやさしいものでありますように。はじめの一歩がずっとずっと大切なものであり続けますように。萩谷くんが幸せだと感じられることが増えますように。そしてわたしも無理せず楽になれますように。もうすぐ萩谷くんのことを知って好きになって五度目の春です。

 

今年買って・使ってよかったもの

タグで流行ってるものを、タグやらずに勝手に書き連ねてゆきます!わたしの身近な幸せを見て!(ド直球)

 

1.THE CIRCUS!のオフショ

f:id:waterlilies_hgy:20181229121641j:image

かわいい(世界の真理)

ほらこういうタグでおたくは最後に推しを推すじゃないですか。そろそろその流れ飽きてきました。だからわたしは先に出す!フゥ〜〜〜寺西くんかっわいい!もぐもぐ。こちらはオオサカテラニシです。

 

 

2.食事編

⿻外食

①ネギだれ唐揚げ定食(800円)

写真がないのですが、職場近くの居酒屋ランチでめっちゃ美味しい。今年はじめて食べたわけじゃないけど(笑)ここに行くとだいたいこれを選ぶ。

 

ビスマルクピザ(1300円)

f:id:waterlilies_hgy:20181225125504j:image

めっちゃ美味しかった〜!ひとりでぺろりと平らげました。自家製ハムがおいしい。JR品川駅高輪口直結の「パンネビーノ」にて。9月のDISCOTIQUEの帰りに寄ったよ。

 

③ツオップのモーニング(1,650円)(もっと低価格コースもあるよ)

f:id:waterlilies_hgy:20181225125714j:image

Ruheplatz Zopf メニュー|zopf

上京したら行こう行こうとず〜っと思い続けていたのになかなか行けなくて、今年ようやく行ってきました!松戸にあります。

モーニングは事前予約制なのだけど、7時からのしか取れなくて、朝6時半に北小金駅に待ち合わせ……たのはいいんだけど、タクシーがいない!呼んでもなかなか来ない!帰りは歩いたので歩ける距離なのですが(約2km)時間がなくてタクシーになりました。とにかくパンがおいしい!そして三度くらい飲み物を飲みます(笑)

 

⿻中食

①たまご好きの為のたまごサンド(税込298円)

f:id:waterlilies_hgy:20181230182610j:image

LAWSONのサンドウィッチです!たまご好きなので発売前からそわそわして、発売日の次の日くらいに買いました(あれっ)。4種のたまごが味わえるインパクトあるサンドイッチです(ホームページより)。どれから食べようか悩むのも楽しい。

 

⿻内食

①みそ汁の具

f:id:waterlilies_hgy:20181230181437j:image

検索結果からのどなたかのお写真にて失礼します。これがおすすめ!

わたしは一杯だけ味噌汁をすぐ飲みたいとき、お椀にこれと出汁粉末を適量入れて、お湯を注いで小さじ一杯くらいの味噌を入れて溶いてつくります(笑)ズボラ〜!冬はオリーブオイルすこしと七味唐辛子を入れてあったまってる……

 

②乾燥わかめ

鳴門産のわかめって噛みごたえがあっておいしいと思います。徳島に出張に行った頃から好きになってよく食べています。味噌汁にもスープにもうどんにもサラダにも入れちゃう。便利だしおいしい。

ちなみに徳島は鶏も牛も豚もお芋も美味しくてすごい。マリウスを見に美術館へ行くセクゾ担さん楽しんできてください!徳島県の回し者じゃないよ!

 

③醤油

フンドーキン あまくておいしい醤油 200ml

フンドーキン あまくておいしい醤油 200ml

 

はやく醤油おたくになりたいのに、そんなばかすか消費できないのが悩ましい!こちらは九州の友人からのもらいもの♡(東京に売ってたのは喜ぶべきなのか否か)

ちなみにいま使っているものも九州のお醤油(鹿児島だったかのメーカーのもの)

 

④青汁

大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

 

これは友人が飲み続けていたら痩せたと言っていたので物は試しと思って買っているもの。効果は分からないけど飲みやすいので重宝してま〜〜す!笑

 

 

3.あれやこれや

①引き締めソックス

どこのメーカーか忘れてしまったけど、夜履くことが多くてお気に入りの疲れ取りグッズです。冬場は防寒にもなる……(笑)

 

②aiueoのフラットケース

f:id:waterlilies_hgy:20181231101632j:imagef:id:waterlilies_hgy:20181231101640j:image

わたしはB5サイズをつかっています!会社のカバンの中で細かいものがどこかへ行くことなく収まって便利です!

2枚目の写真はaiueoデザイナーさんのInstagramアカウント。とてもかわいい。aiueoのデザインはいつ見てもほんわかする。

 

ノリタケの食器

カーニバル 11cmボウルセット(5個)(色変り) - ボウル類|ノリタケ食器オフィシャルサイト|公式通販

名古屋のノリタケの森で一目惚れして買った(一人暮らしなのにこんなに……)

 

④49

49 DVD-BOX 豪華版[初回限定生産]

49 DVD-BOX 豪華版[初回限定生産]

 

一度にたくさん言われても〜頭になんか入らない!2年くらい悩んでも欲しかったから買った。いや〜〜省吾先輩可愛いですね!

 

⑤家計簿アプリ

今は配信停止しているようなのですが、「あっといくら」という無料アプリを使っています。家計簿は別で付けている(紙ベースとデータベースの両刀使い)のですが、月末にしか振り返らないのはまずいなと思って始めました。1ヶ月いくらまで使える、と設定しておくので計画以内だとすごく嬉しくなる……!!

 

レブロンのアイシャドウ

底見えアイシャドウです〜。コスパがいい!無印良品とかmediaとかも使ってきたけど、ベージュのきらきらはこれで決まり✧ わたしはもはやアイシャドウベースみたいにいつでも使っちゃう。クリームアイシャドウが好き。

 

⑦Mythosのハンド&ボディクリーム

f:id:waterlilies_hgy:20181231105604j:image

どこで売ってるのかわかりませんが、わたしは東武練馬駅近くのイオン板橋にオーガニックコスメなどのどどどーーーんとしたコーナーがあって(改装オープンする前から気になってて行ってきたらとても楽しかった)、そこで買いました♡

75ml 800円 ほぼ毎晩使って1ヶ月半弱くらい なのでコスパがいいのかは分かりませんが、わたしは今冬これを使い倒します。超ヒットでした。

 

4.THE CIRCUS!のオフショ

f:id:waterlilies_hgy:20181229130954j:image

ゴヤラニシもちょ〜〜〜かわいい!寺西くんの今年のお写真100枚近く出てて無所属ジャニーズJr.の星どころか太陽。寺西くんの活躍と他担からの好かれ具合は群を抜いてるというささやかな自負。そんなことよりなんていってもこのかわいさ!2018年の寺西くんに出会えてちょ〜〜〜ハッピー!

 

 

おしまい!来年も素敵なものに出会いたい探したい、のでまわりの皆さんも教えてくださいませ〜

所感

何から書けばいいやら、とにかく自分の気持ちを文字化して整理出来たらいいなと思ってつらつらと書きます。ワガママに書き散らかすぞ。

 

これを読んでいる人はみな何かを選択してアクセスしてくださったのだろうけど、誰かのために、つまり誰かを救おうとしたり共感を得ようとこっそり下心を持って企んだり、というスタンスでは書けない。あくまで、そしてどこまでも、わたしのための記録。全くもってポジティブではないし、誰かの反感を買っても誰かに嫌われても、それは単なる結果だから落ち込まずにいたい……と自分に言い聞かせる。わたしのバリアは厚くて、基本的にわたしは「いい子でいる」「きれいに振る舞う」のが好きだし普段はそうすることで自己肯定感を高めているわりとジコチューの権化みたいな生き方をしている。このジコチューが突出して生成された真っ黒な心に、いつしか侵食されもがいてもがいて、諦め、嘆き、やるせなくなることが多発した今年、それを見せても受け入れてくれた友達が何人かいて、彼女たちにはいつも感謝しています。ありがとうございます。今日の話はそんな話。今のわたしとこれからについて。

 

 

Love-tuneに「何か」があって、表舞台から「消されて」しまって数ヶ月が過ぎた。この「何か」はLove-tune彼らの言動によるものなのか(例えば社長の命令に歯向かった、悪い事をした=処分)、はたまた組織の方針によるものなのか(例えばこのグループはもう管理したくないから切り捨てよう、ニート期間に合わせて演出として彼らも干そう)、こちら側には一切分からなかったし今も分からない。Twitterをはじめ、ネット上ではあることないこと言われ騒がれてきた。それももう最近ではご無沙汰。

契約を結ばなかったとかなんとか、というのが一番信憑性があるのかなと思ったけど、もしそのせいでこの結果ならいい見せしめとなっただろう。以下はわたしの推測だが、事務所側としては前例が出来たし(もちろんそれはファンにとって良くないものであるなどということには関係しない)、もっと言うと、所属タレントたち、つまりほかのジュニアには「自分たちはこうならないようにしよう」「デビュー準備ためのこのジュニア期間に変に目立たないようにしよう」と思わせることも叶ったはずである。蹴落とし蹴落とされの世界、普段は仲が良くともそこはビジネス、Love-tuneの姿勢にもしも共感していたり自分たちの選択に自信がなかったとしても、同情でLove-tuneと同じ行動を取ろうとは思わないはずだしこの問題に突っ込んで解決に尽力しようなどとは思わないはずだ。もしやれるならそれはお人好しが過ぎる。

わたしが、というか主語をあえて大きくするならばLove-tuneのファンが不穏な空気を察知したのは年末のカウコン、それからYouTube(ジャニーズJr.チャンネル)にLove-tuneだけが参加しないと判明した、3月初旬のある夜中だった。この「Love-tuneだけが」というのはけして今存在するほかのジュニアグループを無きものとして扱っている訳ではなくて、Love-tuneの不参加には嫌味ったらしく(と感じるのは個人の主観だが)注釈が添えられていたからにほかならない。なんだそれは。噂によるとLove-tuneには話すら来なかったとか。なんだそれは。

とにかく「何か」があったせいで、YouTube企画はおろか、横アリでのJr.祭り以後、夏の現場がなくアクスタというジャニオタの新たな武器を手にすることもなく(余談だがわたしはアクスタがなんたるかを知らず、しばらくフォトフレームを想像していた)、勿論オフショもなく何ならセルフィーの順番すら回ってこず、連載を持たないLove-tuneの唯一声が聞ける場所であったジャニウェブのvoice更新もなく、知らぬ間に秋の日生も帝劇も終わっており、まあ去年でいうとその次に控えていた共通現場の湾岸がないのは想定内ではあったが、そうこうしているうちに冬の帝劇が決まり「当たり前のように」Love-tuneは不在と文面から告げられた。少クラには呼ばれなくなり、アイドル雑誌は徐々に掲載カットされてゆき、来春発売のカレンダーにも彼らの姿は見当たらず、緊急事態なのにsupermanの出動はどうもまだ許されないらしい。これは今年限りであってほしいが本当に先行き不透明すぎてなんとも言えないのがモヤモヤを増幅させている。10月を超えたから安心?情報局で彼らの動画が見れるから所属はしてるよね?なんなんだ、一体。

 

真実も、彼らの望むことも、何もかも不明な今を、小さな小さな弱き光を杖にして生きようとすることに疲れてしまった。たったの数ヶ月はものすごく長い数ヶ月になった。それは当事者だけが分かる感覚。周りがLove-tuneのことを忘れていくのも興味がないのも、共感はできないけど理解はできる。「そういえばLove-tune最近見ないねー」と他担さんたちがわたしのいるところでちらっとこぼしたとき、その声を拾ったことを後悔した。彼女たちはわたしがLove-tuneのファンだと多分知らなかったのだろうし、知っていてもわたしに気を遣ったかどうか。そういうものだ。

いつの頃からか忘れていたけど、ジュニアは刹那的で流動的な存在。要望は出さないよりはずっといいと思っていたからハガキを何枚も何枚も書いた。今は書くことがなくて、有効な方法だと思えなくて、世間的には需要の低いはずの62円切手を買い溜めしていたのに手持ち在庫は切れたまま。最近の何かのテレビ誌のTwitterアカウントで「要望の声が大きかったのでニートニートニートの特集を組みました!」のようなツイートを見かけたけど、それならアイドル誌NHKや事務所へ届いた要望はもっともっと膨大な数であったと想像に難くない。でも、声はいとも簡単に握りつぶされる。そういうものだ。もっと夢を見せてくれよと妬ましく思ってしまう。

 

そうしていつの間にかわたしは蓋をしたのか入れ物を壊したのかわからないけど、関心が薄くなっていった。思い出なんて、思い出そうとしないから思い出せなくなっていった。

Love-tuneの露出はずっとないままなのにLove-tuneへの愛は毎日深まるばかり♡」と明るく言えるらぶ担が、集団戦法で義務のようにマニュアルを決めて動くらぶ担が、事務所批判しかしないクレーマー気質ならぶ担が、わたしには理解できなくてだいきらいだった。そんなのわたしが無視すれば良いだけなのに無視できなくて、同ユニ担のマジョリティから逸脱する自分が変なのだと思えてしまった。

それでもわたしは、自分は間違っていないのだと言いたくてグチグチと影に潜んでいた。それと、Love-tuneの現場がないから現場断ちをするらぶ担のことを、掛け持ちの身ゆえか理解できなかったし、苛立ちを表に激しく出すことは認められないような空気を感じたのも気分悪かったし、他人は他人だからわたしとみな同意見じゃないことくらい判断できるはずの歳なのに子供じみた自分が嫌でたまらなかった。今もだ。「らぶ担のわたし」は他人がいてこそ成り立つんだな、と本末転倒な自身の在り方に気づいて呆然とした。

 

だからわたしは今、Love-tuneのファンでいることも萩ちゃんのファンでいることも誇らしく胸を張って高らかに宣言することができない。宣言どころかこそっと友人に伝えることもはばかられてしまうくらいだ。わたしはそんなに真っ直ぐじゃないし前向きじゃないし暖かくもない。

でも、Love-tuneを、そして何より萩ちゃんを好きになって応援しなければ良かったなんて思わない。ジャニーズ嫌いだったわたしにたくさん新しい世界と豊かな感情と様々な出会いをもたらしてくれたのは間違いなく萩ちゃんだ。こんなに遠くて近くて近くて遠いキラキラする年下の男の子を、ただ好きという気持ちで振り回されて楽しかった。初めて買った写真、ペンライトにうちわ、当選したライブのチケット、Tシャツにバンダナ。横浜アリーナもシアタークリエもEXシアターもZeppも二度と行けないであろう湾岸スタジオLove-tuneが連れていってくれた。現場前に服装と髪型とお化粧に悩んだ。会場入り口でフォロワーさんと初めましての挨拶をしたりおせんべいを押し付けたりした。社会人になってからこんなに友達が出来るなんて思っていなかった。

なにより、自分本位な発想だけど、Love-tuneを好きになった自分を否定したくない。でも、今はもう去年みたいにはがんばれないわたしがいて、そういうわたしのことも否定したくない。希望は捨てないけど、過剰な期待で苦しむのはもうやめたい。自分に合わない空気について行こうとするのも遠目で嘲笑ってグチグチ言うのも、もうやめたい。わたしにはもうfuture callが聞こえづらくなってしまった。だからこれからは適切な距離で、無関心ではなく関心レベルを低く設定して眺めていたい。それでも、ワガママ言うようだけど、新しいお仕事が決まったときには喜ばせて欲しい。ほかのユニットの活動を羨ましく恨めしく思ってしまうのはやめられないかもしれないけど。

ちょっと前にお題箱で「Love-tuneから萩ちゃんが抜けてもLove-tuneのファンでいるの?」みたいな質問を受けたことがあって、ものすごく悩んだしショックを受けたことがある。なにせわたしは萩ちゃんを知ってからLove-tuneが結成されるまでの期間より、Love-tuneが結成されてから今に至るまでの期間の方が長いのだ、そんなダメージ受けたくない。もし仮にそうなったとして、ほかのメンバーのことも萩ちゃんのことも(仮に新しい子が入ったらその子のことも)嫌いになるとは思えない。いや嫌いになるかもしれない。わからない。でもそんな日が来ることがあるのなら、その日まで答えは出せないし出ないと思っている。これからのLove-tuneがどうなるかなんてわからないけど、わたしはLove-tuneの下す判断を、今までもこれからも間違ったものがあるなんて思っていないから、彼らが進む道が彼らにとって最善の道であることを願っている。遠回りだとしても。10年後に詳細をたっくさん聞けると信じて。

 

萩ちゃんのお誕生日タイムラインがあんまりにも明るくて、らぶの他担さんもみんな萩ちゃんのこと大好きでいるのがわかって、嬉しくて辛くて途中から見るのが嫌になった。一年前の雑誌を見返したらかわいいかわいい萩ちゃん、そしてLove-tuneが笑顔でたくさん載っていた。自分でも感情の調整が下手くそだと自覚している。わたしのことを萩谷担だと認識している人はもうずっとずっと減っただろう。自分自身でも違和感があるような気がしていて、じゃあこれは担降りなのかと考えたら別に降りるわけじゃないからジャニオタ特有の担降り儀式も不要だなということになった(このブログはあくまでも担降りブログではないというスタンス)(お察しの通り、あのとき〇〇してくれてありがとう大好きでした♡みたいなことが書けないタイプ)。

 

 

なので「萩ちゃんとLove-tuneのことが好きなおとさん」は本格的に「萩ちゃんとLove-tuneのことも好きなおとさん」になります。やっと書けた。ありがとう。大好きだよ!

THE CIRCUS! EP2考察

オリジナルミュージカル「THE CIRCUS! / ザ・サーカス!-エピソード2 Separation-」 (以下CIRCUSとのみ表記)が、7月13日福岡公演を以て幕を閉じた。わたしはエピソード0も1も観ていない新参者ではあったが、ありがたくも今回数公演の観劇が叶い、非常に楽しい時間を過ごすことができた。本来であればここで役者陣の魅力・見どころを思う存分に語っていきたいのだが、今回は敢えて演技よりも演出とストーリーに着目してみたいと思う。あくまでも素人目線での考察になるが、……すこし文章が堅すぎるかもしれない。

 

1. 

終演している作品なので、思い切りネタバレもネタバレ、エンディングから書くが、「絶対に次回作があるんだろうな」と思わせる台詞と大道具(To be continuedとボードに書いてあった)で幕は閉じた。前作がどうだったのかは分からないが、これは果たしていいのだろうか?「いいのだろうか?」などと書きつつも、個人的にはEP3(4作目)を心待ちにしている身なので、「いいのだろうか?笑」くらいであるのが本音ではあるけれども。

基本的にわたしは、舞台作品に「一回で理解のできるものであること・完結しているものであること」を求めている。わたしが何らかの知識不足により理解できない(安土桃山時代の芸能諸文化に疎い、など)というのなら問題ないのだが、そうではなく物語のストーリーを観劇中に追えなくなってしまうようなものは困るということだ。せっかく高いお金を払って観に行くのに、観劇後に「話が面白くなかった」となるのはできるだけ避けたい。そして後者だが、続きの話を観客が妄想することはできても(ミカエルはどの時代で生きて行くのだろう、など)、「新たな別ストーリーがないと今観たものが物語として片付かない」のならそれは嫌だという話である。今回のCIRCUSは、途中まではEP2の話として大きな問題はなかったのだが、それがEP2内で片付かなかった。

わたし自身、シリーズ物の舞台鑑賞が初めてだったから戸惑うのかもしれないが、これで次回作(EP3)が上演されなかった場合(それが「書けなかった」場合が最も非難を受け得る)、観客に対しても演者に対しても些か失礼なのではないかと思った。

千穐楽にて、企画・構成のご担当者様が「みなさんの声があれば」のようなことを話していた。もちろんそれは単なるポーズであり、水面下では動き出している乃至動き出そうとしているのであると願いたいが、あまりにも演者たちが「次回作があればそのときはまたお芝居をしたい」などと言うものだから(彼らを責めるわけではない)、こちらとしてはもう「来年やります!」くらい言われるかと期待してしまった。

 

いくつかの伏線を回収してスッキリする作品が待っているものと、大いなる希望を元に、明らかにしてほしい事項を以下に書き連ねる。

・ベンのいう「ケントへの再教育」とは、洗脳(あるいは非能力者が蔓延る世界で受けた盲信を解くための施術)をするだけなのか。そしてそれは解かれるのか。すなわち、この物語の最終的な着地としてオメガ(そしてモールラッツ)はどのようになるのが、THE CIRCUS!という舞台における正解として描かれるのか。

・なぜザ・サーカスは国防総省管轄となったのか。

・ジョンソンが電話をしていた相手は大統領と、ほか誰だったのか。大統領と直接話せるということはジョンソンの地位は高いと思われるが(局長)、ジョンソンは撃たれていたし、次は誰がザ・サーカスの上司となるのか。

・フランクはどうなるのか。なぜフランクは事前撮影での通信(動画)において「モニカ」と呼んだのか。

・なぜザ・サーカスは選別されることになったのか。またその選ばれしエージェントは誰なのか。

☆予想ではブルーノとモニカ(モニカは生き返るということはさすがにないかな……)。もしくは、ブルーノとサラ?いずれにしてもコアを浴びていないカルロスは選ばれないと思う。

・エレリンことエレーナは正体をいつ明かすのか。もしくはバレるのか。そしてサーシャの目的と役割は。

・ナディアはまたオメガ(というよりベン)の元へゆくことはあるのだろうか。ベンが能力者を集めたいとなるとナディアを野放しにはしない気がするが、また洗脳するのか。

・ウィラードはハワイから戻ってこれるのか。

・ウィラードはケントに嫉妬しないのか。

・コアはキャベツなのか。

 

2.

構成について。ミュージカルが苦手な人が理由によく挙げがちの「いきなり歌い出す」改め、「いきなり踊り出す」舞台だった。もちろん歌が始まり、踊りがあり(ないときもある)……が基本であるのだが、2幕冒頭のベンとケントとウィラードのスペシャルダンシングショーとでもいうべき時間が一番わかりやすいと思うので例にあげる。幕間が終わり、さてCIRCUSの続きはどこからだっけなよいしょっと、と思った途端になんだかダンスショーが始まる。魅せ場としては素敵すぎる時間だし、ケントがベンと再会できて嬉しい(ベンも嬉しい)からこそ踊るのだろうし、ここからはベンの右腕はウィラードではなく馴染みの仲間であるケントであることを予めこちらに印象づけるという役割もあったのだろうが、構成が斬新で驚いた。

また、ストーリーの流れと逆行するが「フリートーク(by ベンとウィラードとナディア)」は賛否両論あると思われる。ここは上記以上にストーリーから逸脱して、単に役者が彼ら自身としての話をするいわば座談会だからだ(立っているけれど)。ここのアドリブ感とでもいうのか、日々異なるトーク内容を楽しみにしてしまうのはわたしもそうであるため本心ではあまり否定したくはないが、演出としては何の効果を狙ったのかよく分からなかったのも事実である。その一公演は観客にとって最初で最後の一公演かもしれない。演技等のレベルアップではなく、アドリブによる内容の(大きな)変化は、複数回観劇可能者だけに優しい……というのは言い過ぎなのだろうか。

 

EP3が上演されるなら、そのときはそれが観劇後にもっと爽快感を(たとえストーリーの結末がバッドエンドであっても)味わえるような、それが演者の演技(歌や踊りを含む)によるものである以上の脚本及び演出であってほしい。あれこれ申し述べたがそれでもやはりCIRCUSは「あーー!見どころたくさんでかっこよかった!おもしろかった!」と思った舞台であったことに間違いはないので、来春なのか来夏なのか分からないが、とにかくEP2から得られたものが生きた次回作となることを期待している。あと、サントラもぜひお願いします。おわり

ジャニーズJr.データブックP24を紐解く

先月(2018年3月)ワニブックスより発売されたジャニーズJr.カレンダーBLUE(掲載されるのは18歳以上のジュニアに限定される)を遅ればせながら購入し、カレンダーはもとより、付録のデータブックに歓喜したので、今日はそれについて語ります♡ 思いっきりネタバレしかしませんが、発売日1ヶ月過ぎた&NO画像なのでお許しください。まだ買っていない人や、まだ読んでいない人が、「え~~~!!じゃあわたしも読んでみよっかな~~~!!」となってくれたら嬉しいです(おこがましい)。

 

さあP24を開いてください!

PROFILE NO.21 寺西拓人さんの挑戦ですタイムショック風)

ぎゃ~~~~~~~顔がいい!!!!!!!!!!!顔がいいって言葉は安直すぎてあまり好きではなかったんですけど、顔がいいと思えるということは本能的なもので無意識のうちに自身(自分の嗜好)を肯定しているということにもなる云々かんぬん……と考えた結果、案外悪い言葉でもないな?と最近気づいたので使ってみることにした。顔がいい。いぇーい。シンプルイズベスト。顔が好きって大事。ちょっと顔がパンパン気味なのはSHOCK前の撮影だからですねきっと。冬眠前の動物さんみたいでかわいい(褒める方向がおかしい)。前回の笑顔も大好きだけど、80%で止めてしまったような笑顔も好きです。

 

ネクタイ姿あまり見れないからうれしい!これは自分で選んだのでしょうか。スタイリストさんなのでしょうか。なぜドットが見え隠れする襟のブラウスなのにやや派手なネクタイを選んだのでしょうか。うーん。かっこいいからいっか!(単純) あとこれ自分でネクタイ結んだのでしょうか。個人的にはきれいにぴっちり結んでほしいのですが、このくらいの緩さもかっこいいよね。

無所のインタビューは文字色がくすみ水色…なんていうの青みの強いエメラルドグリーン……なんですけどそれもいいよね。Takuto Teranisiの手書き風なロゴいいよね。みんなあるけど。

 

「ジャニーズJr.の中で一番〇〇な人です!」に「家から一歩も出ずにダラダラできる最長記録の人です」って答える寺西くんめっっっちゃすき。すき。何がいいって、真偽のほどはわからないけどツッこめる・誰も(寺西くんのファンも、寺西くん以外のファンも)傷つかない・くすっと笑える・意外性がある・ありきたりな言い回しじゃない、というところ。ほんとわたしこういうの好き。よく考えて回答したなら愛おしいし、思い付きで書いたならセンスいいなって思うし、どのみち最高。ちなみに寺西くん実家ですか???実家でダラダラしてたらお母さまとか妹ちゃんに怒られませんか???一人暮らし(ウッ)なら何してダラダラしてるんだろう……借りてきたDVD見ながら部屋着でごろんとしてるのかな。お昼作るのめんどくさくなってコンビニご飯で済ませてるのかな。いや知らんけど。最長記録がどんなものか教えてほしいです!わたしと張りえるかもしれません!あっあと途中で家にモロを呼んだことはありませんか!(すぐてらもろくっつけたがり芸しちゃう)

 

身長177cmに体重60kgってちょうどいいですね。何かでも言ってたと思うけど。ていうか萩ちゃんより軽かった。そこらへん感覚つかめないです。足のサイズは27.5cmなんですね。わたしと3cm違いですね(いら情)

 

さてここから<Personal DATA>に入ります!特に騒ぎたい項目だけピックアップするけどその量が膨大……テラニシクンカッコイイ(魔法の呪文)

①入所日:2008年4月20日

もうすぐ10年!!!!!!!てらつぐもろじゅりケンティー!!!!!!!と、LINEグループに入れたのか謎なままのふうまろ。

②家族からの呼ばれ方が「たく」なのかわいい。シャドーマウンテンくんと一緒ですね。調べました。勝手な想像ですが、お父さまと妹ちゃんからは「拓人」でお母さまからは「たく」なのかなあ。「たく~洗濯物取り込んでおいて~」とか言われてるのかなあ。

③好きな色:

メンカラがないのに寺担さんたちがこぞっていつも紫を使いたがるのはこれが理由ですよね。いつからなんだろう。わたしも紫好きだよ~。紫紺なのか赤紫系なのかすみれ色系なのかわかりませんが似合うよね、紫。

④チャームポイント:唇♡

うわあああああハートつけてるううううう!!!!!!!そのあとの質問で外出時の必需品としてリップクリームを挙げてるくらいリップクリームにはこだわるくらいだもんね、唇はチャームポイントだよね、でも寺担さんたちは首が好きって答えると思います!笑 ちなみにわたしは輪郭が好きです!優しい目も好きだ!

⑤憧れの先輩:千賀健永くん、屋良朝幸くん

千賀くんは前々から言い続けていたと聞いているのですが、屋良くんも入ってるのがうれしいな~。わたしはクロスハート以前のふたりの関係性を知らないのですが(間接的な関係性も含め。屋良くん振り付けの曲がどれかわかっていないので)、いや~憧れの先輩とまた共演できるなんてうれしいね(泣)ディスコ行きたかった(泣)話がそれた。

⑥最近のルーティーン:朝ごはんを必ず食べるwith牛乳

えらい。わたしみたいにぎりぎりまで寝ていたり準備が遅くてご飯をあっためたはいいものの食べれずに冷蔵庫に戻してから出勤したりしてしまうようなひととは訳が違う。えらい。わたしもちゃんと朝ごはん食べよう。寺西くん牛乳にこだわりはありますか???3.6ですか???4.4は濃いですよね???低脂肪牛乳飲めるひと???乳飲料じゃなくて牛乳だよねいいんだよね???タカナシは高いけどおいしいよね!!!

⑦得意なこと:遠くまで歩くこと

すごい細かいんですけど、「ダンス」「野球」みたいに名詞じゃない回答の時にちゃんと「こと」で答えられる人好きです。遠くまで歩くのが得意なのか~~~わたしも頑張ってあるこ~~~~っと!ちなみにここ、定期圏内まで歩く節約萩ちゃん思い出した。笑

⑧自分あるある:テンションが上がると韻踏みがち

かわいいのかたまりでは……!?!?!?!?YOYOいうのかな?え~~~~うまく韻を踏めたらふふんと得意げになる寺西くんぜったいかわいいじゃん。見たい。松松あたり聞けてそう。

⑨毎日でもいける食べ物や飲み物:パスタ、ミネラルウォーター

この質疑に対して律義に食べ物と飲み物両方挙げようと考えたあたりがかわいい。ミネラルウォーターって。大体の人は水は毎日でもイケると思います。笑

⑩作れる料理:チャーハン

すばらしい!!!わたしはチャーハンとか焼うどんをよくフライパンにくっつけてしまうので下手です!!!ケチャップライスと塩コショウと、どちらで作ってくれるのか楽しみにしてます♡ ん?まってベーコンとかピーマンとか刻むの……?玉ねぎ刻んで泣くこともある?ない?エプロンプレゼントしよ……事務所に郵送していいかな(だめです)

一番好きな家庭の味:作ってくれるもの全部

息子をお持ちの世の中のお母さん注目!!!!!!!!!!!!!!!!!なんだなんなんだどうしたらこんないい息子が育つのか!!!!!!!!!!!!!!!!!これから子育て予定のわたしにあらかじめ教えていただけないでしょうか!!!!!!!!!!!!!!!!!(結婚の予定もない) 素晴らしすぎる回答。残さず食べてくれそう。ちなみにストレス解消法は「洗濯物をたたむ」ことだそうです。はあ。さっき洗濯物取り込ませたの誰だよわたしだよ。なんの伏線だってば。すきです。

⑫モテ期はいつ?:

でしょうね(知った顔) ちなみにもりつぐのつぐさんは「止まらねぇ」と答えております。フゥゥ~~~イイジャン(知った顔)

⑬10年後はどんな自分になってると思う?:皮が似合う男

楽しみです!寺西くん33歳!いつだよ!10年後だよ!ひええ!

⑭今、集めているもの:ドレッシング

だからさ~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!ほんとそういうわたしの好きポイントを刺激してくるのやめて~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!(やめないで) ああああわたしもドレッシング大好きです。さいきんはごみの分別が楽なボトルタイプを選ぶようになってきてるけど寺西くんそこんとこどうです???和風玉ねぎドレッシングとか好きそう。シーザードレッシング家にあるしわざわざ外で頼まなくてもよくない?的な思考になるのにカフェレストランで選んじゃうことない?それわたし。あとときどき変なのに冒険してそう。調味料が好きなら長野博さんもお勧めしておきます(しれっ)

⑮自分の誕生日以外で好きな日:10月13日(モロの誕生日だから)

てらもろ史に残る発言きた……わたしがてらもろ史のテスト作成担当教員だったらぜったい出題する。ついでに考察欄も設ける。いちばんこれの破壊力抜群なところはですね、モロも寺西くんのお誕生日をこの項目で挙げているってことですよ……!!!そんなにふたりはふたりのことが大事なんですね(泣)どうやってお祝いしあっているのかなあ。わざわざアンダーライン引いたのでみなさんこれでテストはばっちりですね。

⑯今ファンの人に聞いてみたいこと:毎日3食、ちゃんと食べていますか?

なんだこの伏線回収された感じは!!!!!!朝ごはん、ちゃんと食べますね。たくさん食べる女の子が好きだもんね。食べますね。

 

 

やっと<Personal LOVE DATA>に移ります。ところでワニブックス編集さん、なんでパーソナルだけ小文字使ってるの?その意図は?

 

❶肉食or草食?:肉巻きおにぎり

この項目で、肉食または草食以外と答えた人はあべあべの2人(ロールキャベツ)・まつく(中食)・めめ(ロールキャベツ系)・しんたろさん(どっちも)しかいないんですよね。ていうかまつく、中食ってそれはあれよ、あの、出来合いのものを部屋で食べる(=料理はしないけど外食でもない)っていう用語よ。笑

でさあ、肉巻きおにぎりって何?!アスパラベーコンとも違うのね?!そういうジャンルがあるのかとまず調べてみました。すると出てきました。

肉巻きおにぎりとは、見た目としては「肉感がとても出て」いて、しかも「ボリュームもあるため、派手」に見える ⇒ 実際のところ、中身はごはん=「穀物系」。

つまり、「見た目は頑張っているけど、中身は田舎っぽい」または「本当はダサい」男子のこと。

らしいです。 え、寺西くんダサくなくない?!むしろお洒落って言われるほうだよね?!あれ?!

でもよく見た目からチャラいと思われがちな(笑)寺西くん、自己分析さすがです◎ということは肉食ではないの……か?あとおにぎりが気になる。お肉を食べてからの炭水化物系とはつまりがっつり行けるごりっごりの肉食ということでは……?ほくほくのご飯に包んでくれるような気もする。お肉だけじゃなくて柔らかさもあるよ、ってこと……?満たしてくれるみたいな?なに???

❷彼女に作ってほしい料理:ジャンバラヤ

まじか~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!作ったことないわ!!!王道に行かないところが好きなところではあるけど!!!無印良品で素を買ってきていいですかね???ていうかなぜジャンバラヤ……ご飯と野菜とお肉を一度に摂取できるからかなちがうか……

❸好きな女子のタイプの最新ver.:信号がないのに、横断歩道をなかなか渡れない人

マニアックなの来たな。車通り激しくないけどときたま来る~くらいの道だと特にわたるタイミング見計らってしっかり左右確認するわたしも含めてくれますか???

❹好きな人より勝っていたいこと:好きの度合い

だからさ~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!言ったじゃんわたしそういうの弱いって~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!はあああああああ愛されたい!!!!!!!!!!!!!!!!!

❺女の子に言われたい言葉:「お姉ちゃんか妹いる?」

これは女慣れしてると見られたいということですか、もしくは女性の扱いが慣れているのは女性経験が豊富ということではなくて身近にいるからなんだねって安心してもらいたいということですかていうか女性の扱いが慣れているってことでいいですか(深読み)やば(だからこれは深読みだってば)

 

ページ左下にある手書きのメッセージもかわいいので注目してみてください!

それと、やってみたいことにパラグライダーを挙げていますがくれぐれも気をつけて飛んできてね~~~。行く前じゃなくて行った後に報告してねこわいから~~~(泣)

補足なんですけども、裏表紙の出演Jr.一覧はてらつぐシンメになっていました。おおおワニブックスさんのこだわり(?)に乾杯です。

 

は~~~~~~~~~~~寺西くん余すところなくかっこよくてすてきだ~~~~~~~~~~~(最終結論)!ここまで読んでくださってどうもありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!!!

すきが爆発したので

寺西くんの担当をはじめます。

 

すきになった軌跡

▷2015年〜2016年春

ガムシャラ(「チャー」だけはリアルタイムで見て爆笑していた)と49から存在を知る。

 

▷2016年6月

舞台出演が決まる(クロスハート)。寺西くんの舞台って気になるなあと思い、申し込む。

 

▷2016年12月

クロスハートを観に行く(2回)。衣装がよく似合ってることと殺陣やダンスが綺麗なことが印象に残る。ただ、モロのかっこよさにやられて「あれ、テラを見たくて申し込んだはずが……」となる(笑)

 

▷2017年3月

舞台出演が決まる(のど自慢)。

余談ですが、後に寺西くんの担当さんに「なんで申し込んだの?気になっていたの?」と驚かれることがありました。そもそも舞台が好きなんです。なので申し込みにハードルは低め。寺西くんの舞台観たい!クロスハートよりもさらに「THE外部」って感じですごーい!のような気持ちで申し込みをしました。

 

▷2017年4月8日

Jr.祭り追加公演@さいたまスーパーアリーナにて寺西くんも松松と共にステージに登場。hairの妖艶さと勇気100%の愛らしさに友人共々やられる。腰振りが汚くないのがなんといっても最高。

 

▷2017年5月9日

A.B.C-Zラジオで寺西くんが歌うVanillaを聴き、あまりの甘くて柔らかい歌声に酔いしれる。と同時にのど自慢への期待が高まる。

 

▷2017年6月27日

発売日に買ったかは定かではないけど、ステージスクエアのふみきゅん(A.B.C-Z河合郁人くん)との対談ページ掲載のかわいらしい姿と控えめな姿勢から、のど自慢への期待がますます高まる。ちなみに舞台上ではあのサラサラの髪型ではなかった!

 

▷2017年6月30日、7月3日、7月4日

のど自慢東京公演に行く(※レポは別記事参照)。あまりの素敵な歌声に心を奪われ、徐々に寺西くんのことをテラと呼べなくなる。あああ寺西くんかっこいい(泣)(泣)(泣)

 

▷2017年7月上中旬

のど自慢ロスに陥る。スマホのカメラロールに寺西くんフォルダができる。いろんな人に過去のことを教えてもらう。とりわけ中島ケンティー大先生のバックで踊ったBlack Cinderellaと、中山優馬くんのバックで踊ったとことんがりに出会い、好きな気持ちが急速超展開する。うわあああああああ寺西くんかっこいいいいいい(号泣)

 

▷2017年7月22日

のど自慢神戸公演に行く。久しぶりの寺西くん、狭いホール、東京以上に近い座席ということもあり思い切り堪能する。何度聞いても感動するあの歌声が好き。歌詞の中にある母音のやわらかい響きが好き。これでわたしののど自慢は終わった|ω・`)と思いながら神戸を後にする。

 

▷2017年7月下旬〜8月上旬

のど自慢愛知公演は平日だけだと思い込んでいたところ休日公演の存在を知る。迷い始めて数日、当日券ならあるはずと踏んで名古屋に行くかどうしようかと思っていたところ、ホームページにて電話予約の存在を知る。8月に入って予約する。翌日発券。

寺西くんの観劇・見学レポがたくさん流れてくる。どうやらかなりお洒落さんだと知る。そうそう、エレベーターボーイやばいですかっこいいです(号泣) わからないひとはぜひ調べてください(小声)

キントレのわくわくがのど自慢に押されていることに後ろめたさを感じる(Love-tune単独公演楽しめたからよかった……ほんと前日まで周りほどテンション上げられなくてそんなこと言いづらいしどうしようかと思っていたよ……)。

寺西くんの担当さんとTwitterで繋がり始める。たのしくてうれしい気持ちを共有する。

 

▷2017年8月13日

のど自慢愛知公演に行く。何度も見ているしストーリーも登場のタイミングも全部分かっているのに、やっぱり寺西くんばかり見たくなっちゃう。久しぶりの(とはいえ数週間ぶりなだけですが感覚狂い始めてるので……)のど自慢がとてもたのしい。

公演後、当日朝に繋がったばかりの方を含め、寺西くんの担当さんたちとお茶をする。あれやこれやと語ることのできる幸せを知る。みなさん寺西くんに甘くて、でもそれ以上に自信を持って寺西くんに期待していて、それがとても素敵でした。憧れのお姉さま方です。

 

▷2017年8月中旬

担当とは何かを考え、ひとまず現時点での気持ちの整理を行う。相互さんたちの、担当とは別だから気兼ねなく騒げる子がいるという感覚に納得しつつもわたしはどうしたらいいのだろうかとひとりめちゃくちゃ悩む(重い)。ちなみにそのうちのひとりはこの間に掛け持ちを決意していた。気持ちよさそうですごくいいなあと思った……。

またしてものど自慢ロス続行。ふみきゅんとの名古屋王道デートに羨む(笑)名古屋ローカル番組で寺西くんの歌うデイ・ドリーム・ビリーバーが流れて歓喜する。ドデスカ様ありがとうございます!のど自慢全25公演、無事に幕が降りる。お疲れ様でした!

 

▷2017年8月下旬

寺西くんが来月から「読売中高生新聞」のジャニーズJr.の小箱コーナーに連載決定との報を受け、嬉しくてすぐさま申し込みを済ませる。

はじめて寺西くんのお写真を買う(そもそもジャニショからは2年ぶりの発売とのこと!)(オーイなんてこった)(マジでなんてこった)。レジ待ちの間、スクリーンに映し出される写真の中にちゃんと寺西くんもあって喜ぶ。 

 

▷2017年9月1日

読売中高生新聞が自宅に届く。久しぶりにいつもより早い電車で出社できるくらいには朝の身支度が早く済ませられたことに驚く……ほんとに驚くレベルなので……朝からルンルンてした!そして新聞は元より公式ツイートも嬉しかったな。

 

▷2017年9月11日

Endless SHOCK大阪公演を観に行く。初めてのSHOCK。有難いことにこ縁をいただき、どきどきしながら大阪まで飛ぶ。なんと寺西くん関係での日帰り遠征はこれで3度目!がっつり踊る寺西くんのあまりのかっこよさ、麗しさに「なんてひとを好きになってしまったのだ」となんとも言い得ぬ高揚感に包まれたな……。三方礼はほんとうに美しかった……。

 

.

.

.

と、ここまでの記事は9月中旬頃に書きました。担降りというか、寺西くんの担当をするかどうか悩んでとりあえず振り返ってみたときに書いたものです。

その後ユメアイ(9月ジャニアイ)、Zepp単独、そして湾岸と行ったことでわたしの中で萩ちゃんへのすき!がふつふつと戻ってきて。正確にはZeppではLove-tuneを一層好きになり、湾岸で萩ちゃんを一層好きになったという感じです。

 

そしてそのときの寺西くんを応援するスタンスとしては「担当を名乗るよりファンを名乗りたい」だったのでその通りでいました。これは強がりでもなんでもなくて本当の気持ちだったし、なにも後悔はないし間違っていなかったです。

毎月の雑誌に載る寺西くんはお顔もエピもかわいいしかっこいいし松松のパパだし(観劇の見学もよく見かけられていました◎)、嵐のツアーバック(残念ながら途中までのアンダーでしたが)もNEWSのバック(放送はこれから!)にも付いたのすごい~ってなっていたし、そして何よりEndless SHOCK2018への出演決定の報には嬉しくて嬉しくて騒ぎました。チケット取れなかったけど。続投おめでとう!12月初旬には鑑賞会を行なって、わたしの知らなかった2年くらい前の寺西くんの映像を摂取してきゃーきゃー言ってたのしかったです。

 

それでも充分だったのですが、12月31日、寺西くんのお誕生日を祝って、お祝いしている人のツイートをたくさん眺めて、ああ寺西くんすきだなあってなんだかじんわりした気持ちになりました。今年一年寺西くんの公演数が約180もあると知って、すごいお仕事充実した一年にわたしは寺西くんのことをすきになったんだな幸せだなあってしみじみして。この時点でほんとうは担当になります!って言おうと思ったんですけど、カウコン騒ぎ(Love-tuneがなぜ呼ばれなかったかについては前向きな答えが存在していると信じたいなーーー)でそれどころではなくなってしまって(笑)いやここ笑うしかない(笑)

 

でもそのあと、カウコンできらっきら踊る寺西くんを見たら(MADE IN JAPANにやられた)、のど自慢で美声を惜しげもなく披露してくれた寺西くんも好きだけどSHOCKで美しく舞っていた寺西くんも好きだけど、アイドルしている寺西くんもいいな!!!!!!!って強く感じました。バック特定が苦手でぜんぜん目が追い付かないし脳が処理してくれないぽんこつでも、寺西くんを見つけられたのは大きな喜びで、テレビの前で「あ、しあわせだ」と納得できる自分がいました。元々、わたしは「担当と名乗ることが嬉しくなるような人を担当と呼ぼう」と思っていて(いつかの記事でも書きました)、これもう満たしているなって。寺西くんも萩ちゃんも、どっちかを捨てたり補強したりするためにすきになっているわけではないし、できるかはわからないけど100-100ですきを叫んでいたい。だから掛け持ちしますってちゃんと言っておこうと思います。

 

今の応援スタイルが変わるわけではありません!ふたりの未来を見ていたいと思うし、うちわも持ってみたいなって思うし、わがままだけど欲張りだけど無理はしていないのでこれでいいかなって!掛け持ちって、同じ大きさの箱があってその上にわたしが両足をかけて立っているイメージなんです。ときどきは片方に寄り掛かるかもしれないけど、どっちも大切にしたいです。というわけで2018年のはじまりはじまり。たのしいことが待っていますように!

Love-tuneがすきだ!

Love-tune Live 2017開催おめでとうございました、ありがとうございました!振り返れば発表されてからあっという間に2ヶ月と3週間が過ぎ、始まってからあっという間に3日間が過ぎ、終わってからあっという間に2週間が過ぎてしまっています。ついこの間のことなのに随分と昔のような気がしてしまうのはなぜなのでしょうか。わたしの脳内処理スピードはわたしの思惑とはウラハラに時々ものすごい威力を発してしまうので、そのせいかもしれません。ちょっと歩みを止めるべく、文字に残しておこうと思います。

 

さて、わたしが入ったのは初日のみなのでいわゆる記憶の補完(ここが分からなかったけど次の日わかったよとか、2日間見逃していたのをやっと見れたよとか)は自力ではできません。なんの歌のどこのパートを誰が歌ったかとかどんな衣装だったかとかそういった細々したことは忘れました。はい!素直がいちばん!わたしは感じたことだけ、記憶にあることだけを書きます!よし宣言したぞ!丁寧語も外す!

 

 

そもそもLove-tune Liveのお知らせを知ったのは、情報局メールではなかった。わたしのスマートフォンはいつも配信時間にメールを受け取ってくれない(都内にいるのに!)。仕事でお客さんのところに行った帰りのある駅のホームで、7/28の14時半頃だったっけ、ケータイを開いたら友達からLINEが入っていて、それには「らぶちゃん単独決まったって??!?!おめでと!!!!!👏」(原文ママ)(彼女はらぶ担ではないお茶の間Jr.ファン)とあった。何を言ってるかさっぱり分からず、EX始まるよってことかな?と思いつつTwitterを開いてみたら世界が回ってた。電車を一本見送って、両目にこみ上げる涙を抑えた。Zepp Diver Cityは行ったことはおろか聞いたこともなかったのだけど、ジャニーズの用意する場所と違うんだろうなとすぐに感じ取れた。Love-tuneに単独ライブをやってほしいなとかライブハウスツアーなんて面白そうとか思ったことはあったけど(国際フォーラムとかわりとアリなのではと思っていた)、こんなに早く叶うとは思っていなくて、これからジャニーズJr.ではなくその中の一つのLove-tuneのためだけにあらゆることが動いていくというえも言われぬ興奮に身を任せた(意訳: 帰社後の仕事はやる気なくなったけどハイスピードで終わらせた)。月末に最高の連絡をもらった。

 

一週間後に六本木のEXシアターでも単独ライブがあるというのに、トラジャとの合同公演も、行かなかったけどえびコンもあったし(その頃は確定ではないにしろハッシーのソロコンも)、9月からは帝劇でジャニアイもあるというのに、みんながみんな10月にそわそわしながら気持ちを向かわせていったのは、傍から見たらやや失礼かもしれないけど当然のことであって、「まったく、なんて華麗に未来を予約してくれる人たちなんだろう!」って誇らしかった。お知らせを受けた翌7/29にすぐらぶ担の友達数名と乾杯しに行った。その日はわたしにしてはとてもとても珍しく、15時から飲んでいた。

 

Love-tuneはいつ練習をするのだろうと思っていたら、TVfanCROSS(Vol.24)で「昨日から練習を始めた」ということが判明し、この取材日の前日が本番一ヶ月前であることもわかった。ジャニアイが落ち着くまで打ち合わせ禁止を命じられていたLove-tune愛らしいなあ……!(集中しなくなるからという理由だそう) 9/18にジャニアイを観劇した友人が、明らかにその日までとは違うにこにこのLove-tuneがいたとツイートしていた理由がここで明らかになる。解禁されたばかりだったんだなあ。もちろん、一ヶ月前になってようやくゼロから作り上げた訳では無いとは知りつつも、それでもその短期間で仕上げなくてはいけなかったLove-tuneが、なんだかプロみたいで(プロっちゃプロだけど)、かっこいいなと改めて思った。

 

上述のテレファンクロス初め、たくさんの紙媒体でLove-tune Liveの様子が少しずつ明らかにされていく過程に興奮させられた。絶対に読み切ってから当日を迎えるという覚悟だけはしていた……とはいえアイドル誌はあまり買っていないので記憶に残ったかどうかは定かではない。でも手元にあった雑誌は読み切り、感想ハガキをしたためてから家を出た。

いつもお世話になっているTVガイドさんなんて、10/18に雑誌発売、朝から裏話ツイートまで出してくれて、出陣の儀が着実に執り行われている感じがした。平日真昼の空いたりんかい線の電車の中で、ひとり真剣に公式パンフと見まごうそれを読み、眺め、もう一度読んでは士気を高めた。

 

ダイバーシティのフードコートを通り抜けてZepp Diver Cityに着くやいなやグッズ列に並んだ。14時くらいだったと思うのだけど、列は何重ものうねりを形成していた。なかなか進まない列、Twitterに上がるその光景の写真、漂うそわそわ感。そして地下へ進むとグッズ紹介ボードにもロゴが用いられており嬉しくなった。初日だったので各色5点までの購入が可能であり、遅れてくる友人分や代行分も手に入れることが出来たのは後日かなりの幸運だったのだと思い知ることになる。

 

Twitterの写真を見ても分かっていたし、なんならMyuto Moritaデザインと知った時点からなんの不安もなかったものの、やはり着てみるとそのデザインの良さに気付かされる。なんてったってよく分からないデザインのグッズを高値で売り出す事務所だからね!買いたいものしか買わない主義なので、美勇人くんのデザインがちゃんとわたしの好みにあっていたことが喜び。V6の今年のツアーグッズがお洒落極まりなかったのでその感動のままLove-tuneのTシャツを着れたのは幸せだった(10/17は横アリにいました……笑)。

表面も裏面もタグまでかわいい!Tシャツに2800円を出したことのないごくごく一般的な庶民のわたしでも、二度と手に入らないファーストライブのグッズの、メンバーデザインのこの素晴らしいグッズがこの価格なのは破格だなと思った。なんとか1点ならということで発売されたグッズだけど、その展開方法すら頭いいなと思ってしまったものである。

 

着替えたはいいもののコインロッカー難民になってしまった話は割愛するけど、今はもう笑える話になっている。半袖Tシャツで40分くらい外に並んでいたのはどう考えてもその日の温度からして阿呆だけど、そんなのはどうだって良かった。もしあの短時間で風邪をひいたとしても、その後のライブで完全復活していたはずだから。というわけでここからようやく本編です!ながっ!あとは叫ぶだけです!

f:id:waterlilies_hgy:20171104110713j:image

 

 

まずスクリーン愛してる!!!!!段差も愛してるよ!!!!!ほんとにありがとうねZepp〜〜〜!!!!!

一階後列スタンディングだったので、最初は両脇の画質のひどいモニターに頼るのかなと思っていたけど(こいつはぽんこつすぎて話にならん)大きなスクリーンがステージにあったし、段差のお陰でこれ以上ないほど明瞭にLove-tuneが見えました!!!!!Love-tuneもわたしの顔見えたと思う!!!!!(勝手に言っとけ) 夏のEXの悲しみを消し去ってくれました。らぶ単独ではかろうじて上半身とスクリーンが見えるくらいだったし、らぶとら合同公演に至っては曲によっては前の振りコピちゃんにほとんどを邪魔されてしまっていい思い出がないので、本当に今回はよく見えました。

 

♪ CALL

やっぱりCALLからかーーー!というのが第一印象。EXもCALLからやると思っていたら違って驚いた(レポ見ずに行きました)んだけどしっくり来たから別にCALLじゃなくてもありだと思っていて。でもやっぱり"ファーストライブ"だからCALLから始めて大正解。Love-tuneが本当にLove-tuneになった曲だもの。いやしかしHey!の楽しさと会場の一体感やみつきです。Jr.祭りよりクリエよりEX(キントレ)よりパワーがすごかったし笑顔が溢れてたなあ。いま思い出したけど「フウウウウウウッ!」って言ったっけわたし。覚えてない。ひたすらに楽しかった!

 

♪Finally Over

2曲目でいきなりファイナリーってなんやねん(そういうことではない)と思いつつも、さなじいバンドがLove-tuneに変化していくのを改めて感じた曲、そして時間でもあったなあ。あと個人的には聞いたことないフレーズ(2番なのか間奏なのかよく分かっていない)にぽかんとしてた。これまでやったことないよね?

 

♪T.W.L

事前にらじらーでお願いされていた、モロのソロパート(ながつへの返答)「どうもこうもないよ」をファンで叫べたの楽しすぎました!!!!!ファンもLove-tuneもみんな笑顔でピースフル。ソロパートなのに譲ってくれるモロの優しさがあって成り立つこの掛け合い………ううう大好きだ〜〜〜!!!!!モロが嬉けりゃみんな嬉しいよ!!!!!それにしてもキントレのときは知らなかったこの歌を(まず聞き取れずBMWかと思ったレベル)、らぶのうたう好きな曲の一つとまでわたしが思えるようになったのはなんでだろう。やっぱり少クラパワーなのかなあ。サックスもあるし、わたしにとってはモロの曲って言っても過言ではない。それは過言だよってモロに突っ込まれたい!!!!!はあ、いつになったらわたしはモロとお友達になれるのかな………(リアルな願望)。

 

♪自分のために

やっすーの「生まれた意味はここにある!」というアドリブ!サイコーです。そうアレンジできちゃうの、痺れるくらいにアイドルじゃん、さいっっこーだよ。と余韻に浸っていたら次の瞬間に萩ちゃんの美声が。「目の前を遮るカベは〜」うるうる……の暇もなく「お前ら!自分の力で超えていけえええええぇぇぇ!!!!!!!」とお叫びあそばされていた。ここでわたしは泣き崩れた。レポとかブログ見ても大体の人が「萩ちゃん壊れてましたわら」みたいな笑える場面として書き残していたんだけど、わたしはここで泣いたよ。萩ちゃんがお前らなんて言葉を使うのかとか、萩ちゃんも曲中に叫ぶんだとか、叫ぶほどにテンション上がっているんだろうなとか、やっすーの真似してアドリブしたくなったのかとか、いろいろ考えた。目の前を遮る壁は自分の力で超えていかなきゃならないという現実にも泣いた……仕事やだ……(いきなりここで現実を思い出してしまった阿呆)。

 

♪烈火

正直なところ、影絵とやらはまったく気づいていませんでした。思い出せない。兎にも角にもジャニアイの烈火の殺陣映像(これ編集してあるの?何にしても流してくれてありがたいです)から始まって、フルバージョン披露!長い長い言われていたこのオリ曲第2弾、わたし案外そこまで長くないなって思いました。だってLove-tuneがずっとカッコいいんだもん!夢中で7人を見ていたらいつの間にか終わりました。

烈火 烈火〜とFire Fire〜が韻を踏んでいて(?)おもしろいです。Get it Get Dream Get it Get it nowは舌噛みそうですらぶすごい。V6の刹那的Nightみたいな感じでずっと聞いて歌って練習すれば言えるようになるのかな〜なんて。あとここのフレーズ、Get it 〜の後の笑ってんじゃねえのとこ、V6の『強くなれ』の強くなれ〜強くなれ〜強くなれ〜強くなれもっといまーすぐーの音程と似ている気がして、歌詞が歌詞なだけに双方好きです!

追われてナニクソ!と無我夢中で戦いまくるLove-tuneらしい一曲で、らぶの叫びがひしひしと伝わります。正攻法だけじゃ生きて行けない世界で抜け道を探すように生きていると見せかけて、自分たちの正義を絶対のものにして、そしてそれを認めさせていく感じ。アウトローみのある、でも根は真っ直ぐな田舎の良心的不良みたいな。睨んでいるだけじゃいつまでも勝てやしないということを、きっとLove-tuneは知っているから強いんだろうな。

 

♪PSYCHO

センス使いがかっこいい。PSYCHOって曲名なのにサビは「Saikou」と「最高」なんですね(よく分かっていなかった)。ペンライトを振りながら声出すのサイコーです!

 

♪Otherside

さなぴの曲、さなぴのかっこよさを堪能する曲。なんと言われてもこの曲を楽しそうに歌い続けるLove-tuneがすきです。それだけだ。

 

♪君だけに

Love-tuneが少年隊さん曲を選択するとは!これがテレガイで事前に言っていた大先輩の曲なんですね。素敵でした。パフォーマンスでいうと、ほぼモロのサックスしか記憶に残っていない。

 

♪Heavenly Psycho

4人tune時代の象徴曲を7人バージョンにうまく変更してきたな、このタイミングまで取っておいたのは賢いからなんだろう。だってもう7人でLove-tuneなんだもの。4人時代が消せる訳では無いからこれは名前をつけて保存タイプですね。萩ちゃんの「そこに僕の姿がなくても世界は簡単に回った」を聞くたびに「そんなことないよ止まっちゃうよ。・°°・(>_<)・°°・。」と心の中で返答してます。

 

♪GREATEST JOURNEY

全く聞いたことない曲でしたがタオル回すの楽しかった!そして後日この曲をよくよく聴いたら曲調や歌詞が好みだったのでLove-tuneにはまた披露してほしいです。あとKATーTUNの動画を見たら指でL作っていたんだけどらぶもひょっとしてやってた?それやりたかったから選んだとかそういうのある……?

 

♪NO WAY OUT

ペンライトを置いて手を突き上げてクラップのスタイルを取り入れ始めた公演である5/17昼クリエに入っていたこともあって、一層この拳アンド拍手スタイル(ネーミングセンスない)(要はSHARKを彷彿させるライブスタイル)が好きなのですが、ペンライト消してカバンに入れるのももたついてられないあの瞬間、会場が一気にその曲のために準備するあの周りの機敏な動きも大好きです笑

 

♬MC

萩ちゃんレインボーブリッジにテンション上がっていたらしくてとってもかわいかったです!萩ちゃんご機嫌でした♡♡

メンバーの名前を呼ぶC&Rだいっすき!みゅとさんだけ長い(デザイナー!とかTシャツ完売!とか言うの楽しいしわたしが美勇人担ならそれで泣ける) のも、萩ちゃんが「やっすー!」って声上げてくれるのもすきだ〜〜〜!!!!!

ここまで一気に来たから「もう後半になっちゃうの?」という寂しさをわたしは抱えていましたみんなどう……?

 

♪君と…Milky way

信号トリオのはぎやすあら(メンバーカラーではなくヘアカラーの話です)(ブルーブラック落ちかけの萩ちゃんはキョトン顔)。グループ内で2:2:3に分かれて歌うかな?どうかな?今回はないかな〜と思っていたのでまずびっくり。萩ちゃんがツインボーカルの中に入るのもびっくり。そしてわたしこの曲はそんなに聞いたことがなかったのですが、曲が始まると隣の萩谷担(セクガルを経てきている)が崩れ落ちたので救出してました笑

いやーーーーーーしかし萩ちゃんの声がいい!!!!!わたしは冗談ではなくこれまで聞いてきたどんな歌よりも今回のこれがいちばんのヒットでした!!!!!へぶんりとレスキューレスキューを越したのやばい。萩ちゃんのソロパートはだいたい好きなのだけどこの二つはとりわけ好き!いやまあ萩ちゃんて声がいいんですよ声が………なんか萩ちゃんの声って高級なバウムクーヘンぽい。それかラムレーズン入りのパウンドケーキ(防腐剤未使用)。

 

♪&say

BOMBに続くさなみゅ曲!ふたりがひたすらにエンドレスでカッコイイ。

 

♪Will Be All Right

もろれお陸上部映像ください!ステージにいるふたりを見たいし映像も見たいし、このときばかりはおでこ辺りにもう1セット目が欲しかった。映し出される過去映像にあった「長妻怜央(17)」に本気で驚いた。そりゃながつも大きくなるよねえ……180cmも超えるよ………(そうじゃない)

 

♪前向きスクリーム

ペンライトを音に合わせて振るのが楽しい!近くにいた美勇人担二人組がすごいノリの動きをしていらしたからeighterなのかなとか考えていました。途中から萩ちゃんがいなくなって、えっなんでなんでなんで……!?!?となってからはわたしから笑顔が消えた(メンバー気づいてないの?ファンは?えっわたしが見えてないだけ?等々ほんとに心配した)

 

♪ドラムソロ

そしたら萩ちゃんコント始まった〜〜よかったよかった(泣) Zeppでもひとりこういうのやるあたり萩ちゃんらしすぎるな、誰の発案かは知らないけど。萩ちゃんの演技力は正直まだ分かっていないし、萩ちゃんのファン以外からは話に上ることもそんなにないけど、でも一人芝居(ひとり言)うまいよね。愛くるしい。

「いつも萩ちゃんとか萩谷くんって呼ばれるから」と言われたとき、「けいちゃんって呼んで?」かと思ってひとりプレパレーションしてた〜〜〜〜〜!!!!!ら、まさかの慧悟って呼ばされた………マジか〜〜〜公式で慧悟はマジかマジかマジか………!全力の慧悟叫んできたよ🤗 満足そうな萩ちゃんがかわいかったです!

 

♪SHE SAID...

サビになって曲名を思い出しました。この曲のサビ(NEVER LOOK BACKの音程かな)ってビートルズっぽい気がする。

 

♪ONE DROP

♪象

 

♪This is Love Song

まさかZeppで新曲を持ってきてくれるとは!しかもラブソング……場所を考えたらなんてまあいい裏切りなんだ……!やっすーの挨拶や、Love-tuneを想起させる歌詞、やさしい雰囲気、そしてこの歌が一曲の中で別の顔を併せ持つLove-tuneみたいなところ、全部全部すきです。素敵な曲をいただいたなあって誇らしくなるので早くまた聴きたいな。ツイートもしたけど、お洒落な言葉遊びもすきだし、彼らはやっぱりアイドルなんだって思わせてくれるところもすき。ちょっと曲名どストレートでダサくない!?って思ってごめんね!たぶんらぶ担みんなこの曲のこと好きすぎて略称思いつかないよ!

 

♬アンコール曲の前

ハロウィンビートくんがかわいかったです。あれ誰の声なんだろう?ひとり?あの映像ってお蔵入りするの……いやいや事務所さん映像化して〜〜〜🎃🙏(ハガキ職人再び)

 

♪Dye D?

ゴスロリチックなお衣装は本家を真似したものなのですね!!!!!世界観がすごかったです……もちろんドラキュラ顕嵐も……悲鳴すごかったなあ。PONで放送されたのには驚いたけど青木アナに感謝です。

 

♪MU-CHU-DE恋してる

もはやLove-tuneの曲になってるものトップスリーだよね(他には自分のためにとNWO)!Zeppでも聞けてうれしかったなあ!はぎみゅのお姫様抱っこが見れてほんっっと〜〜〜に幸せでした!!!!!はぎみゅ!!!!!かわいい!!!!!ぎゃーすか叫んでごめんなさい、だってそうはぎみゅはかわいい!!!!!しかも翌日は失敗しかけたそうじゃないですか……はぎみゅかわいい……(結論の方向性迷子) はぎみゅってかわいいな!?!?!?(ゴリ推し)

 

♪言葉より大切なもの

予習していたのに歌詞を忘れてしまってうまく歌えなかった過去(クリエ)があるので笑、今回は自信を持って歌えました。大きな声で歌えるのたのしい!うれしい!だいすきらぶとぅーん!みたいなさいっこうにふわっふわの気持ちで、かつ確実に歌詞の通りの意を届けたくて、「疑うことなく旅する雲が素晴らしい今日も あなたよりも大きな愛はどこにもないんだよ」を歌わせてもらいました。もはや「どこにもないんだヨッオイッLove-tune聞いてるのカッ💢💢💢😭😭😭💓💓💓」くらいのテンション。会場の一体感がすごくすきでした。またやろう!(勝手に約束を取り付けてみる)

 

自分のツイートを引用するけど、顕嵐が「見たことない場所に連れていってあげる」というのも、やっすーが「見たことない場所に連れてきてくれてありがとう」というのも、どっちもらしくてだいすき。見たことない場所に連れて行ってもらいたいし、連れて行ってあげたいです。

 

全てが終わってからもう一つ素敵な思い出がありまして。今回おもしろいことに友人とチケット整理番号が近くて、お互い連番(おまけにお互い友人だったりそのまた友人だったり)だったので、なんだここは!?ってな具合に揃っていたのですが、そんな中に挟まれた見ず知らずの方と「良かったですよね!」「楽しかったですね!」と口々にして、笑顔で会場を去ることができました。10人くらいでモロを褒める時間(モロ担はふたり)笑

 

細かな所作はあんまり覚えてられないタイプなのでこのLove-tune Liveが終わってから、わりとはやく現実に戻ってしまったのですが、こうして振り返るとやはり色鮮やかにわたしを楽しませてくれる思い出はたしかにあって、誰もが味わえるわけではないこの感動を得れたことは本当に幸せです。

 

Love-tune Liveに行く数日前、わたしはほんとうに「ちゃんと楽しめるのか」 が分かりませんでした。すぐに人と比べたがるせいで、例えばわたしが見れなかったところを事細かに語るファンもいるだろうと不安になり、Love-tuneが見えないだけならまだしもそこでステージとの気持ちの乖離がわたしのなかで起きてしまわないか心配になり、何よりわたしは萩ちゃんのことを好きでいられるのかがかかっているライブだと勝手にプレッシャーに思ってたせいで。

でもそれは杞憂に終わりました。無理なく、自分に嘘つくことなく、ちゃんと楽しめました。ほんっっとうに楽しかった!!!!!ライブ中に何度楽しいと思ったことか、嬉しいと思ったことか、Love-tuneが好きだと思ったことか!目の前に集中していなかったのは申し訳ないけど笑、「次がきっとある」「まだでこぼこ道かもしれないけど、Love-tuneは未来に向かって明るく歩んでいける」と思わせてくれたLove-tuneが誇りです。やっぱり目で追ってしまう萩ちゃんのことを、純粋にもっと見ていたい。

というわけで2ヶ月かかったけどようやく萩谷担と名乗ることを再開します。またよろしくお願いします。おわり!